語音弁別能の低下 

声は聞こえているけれど、何を言っているのかわからない。そんなことはありませんか?

語音弁別能の低下とは

聴力が低下すると、単に大きな音でないと聞こえなくなるという訳ではありません。人によっては、特定の周波数領域での聞き取りが非常に困難になる場合もあります。声は聞こえていても言っていることが理解できない、それが語音弁別能が低下した状態の症状です。

言葉の識別が困難

弁別能の低下とは、耳や脳で認識できない音声があることを意味します。そのため、言葉や音声を区別することが困難になります。(特に、周波数の近い音声を区別することが困難になります)

音声認識

耳鼻科医は、あなたの弁別能力が低下しているかどうかを調べるために、音声認識力を測定します(単位:パーセント)。テスト単語を正しく認識した割合は、「音声認識スコア」と呼ばれます。これは、100%の完璧なスコアと実際に得られたスコアの差を表しています。

安全性

正しい単語を認識できない、または推測できないことで、自分の聞き取り能力に不安を感じることがあります。この不安が原因で、難聴者は残っている聴力を利用することができず、精神的に「スイッチオフ」してしまうことがあります。

詳細はこちら

オンライン聞こえのチェック

オンライン聞こえのチェックは、5つの簡単な質問に答え、いくつかの音の例を聞くだけです。結果はすぐに表示されます。
オンライン聞こえのチェックを受ける

補聴器の専門家があなたを導いてくれます

お近くの補聴器取扱店を検索できます。

補聴器取扱店をさがす

関連コンテンツ

トップへ